サイト改修期間のお知らせ > お知らせ一覧

【クリスタ】厚塗りで油彩っぽい絵を描くコツ-おすすめブラシの作り方も紹介

厚塗りで油彩っぽい絵を描くコツ
  • 当サイトにはプロモーションが含まれます。

デジ絵で油絵が描きたい!

という人におススメのブラシが2つあります。

1.油彩ブラシ
2.油彩とき油ブラシ

1の「油彩ブラシ」はクリスタ標準のブラシ(カスタマイズなし)です。

2の「油彩とき油ブラシ」は油彩ブラシのコピーで簡単に作れます。

ちとせ

後で作り方を説明しますね。

この記事のタイトルイラストも2つのブラシを使って描きました。

この記事のタイトルイラスト
この記事のタイトルイラスト

油絵っぽく見えるでしょうか。

ちとせ

ブラシの使い方にコツがあります。

今回は、油彩好きの管理人が

実際に描いてわかった油彩っぽい絵を描くコツを書きますね。

目次

デジ絵で描く油彩…思っていたのと違った

ちとせ

管理人の失敗談です。ブラシの作り方が早く知りたい人は、おすすめの油彩系ブラシ2つまで飛んでください。

わたしはアナログのお絵描きも油絵が好きです。

クリスタを買うときも、

油彩のブラシがある!と知ってテンションが上がりました。

ちとせ

デジタルで油絵が描けるなんて!

素晴らしすぎる…のですが、

実際にデジタルで描いてみたら

思っていたのと違いました。

ちとせ

嘘でしょ…?

にい

ご愁傷様。

「油絵が描ける」ではなく「油絵っぽく描ける」

デジ絵は「油絵が描ける」のではなく、「油絵っぽく描ける」のです。

そんなの当たり前じゃーんと思ったあなたはスゴイ。

わたしはデジ絵で「油絵が描ける気持ちでいた」ので、

アナログとデジタルの違いにかなり困惑しました。

ちとせ

わたしがつまづいたポイントは以下です。

・色が思うように混ざらない(Ver2.0で改善
・色が作れない
・乾いた絵の具の上に色を重ねる表現ができない
・絵の具の濃淡がつけられない(設定で改善
レイヤー何それおいしいの?

ちとせ

デジ絵難しい…!!

デジタル油彩への期待が大きかったぶん、

控えめに言って絶望したのですが、

諦めずに描いた結果、気付きました。

デジ絵は

「油絵が描ける」のではなく、「油絵っぽく描ける」

のです。

「油絵っぽく描く」を意識したところ、

油彩っぽい絵が描けるようになりました。

ちとせ

クリスタのブラシをどう使うか考えるようになりました。

おすすめの油彩系ブラシ2つ

わたしがよく使うブラシは油彩油彩とき油です。

よく使う油彩系ブラシ
よく使う油彩系ブラシ

「油彩」ブラシはクリスタ標準のブラシです。

油彩とき油」ブラシは油彩ブラシをコピーして絵の具量を0にしたブラシです。

ちとせ

作り方を図で説明しますね。

油彩とき油ブラシの作り方

最初に油彩ブラシを複製します。

油彩ブラシを右クリックしてメニューを表示。

サブツールの複製を選びます。

右クリックメニューからサブツールの複製を選ぶ
右クリックメニューからサブツールの複製を選ぶ

サブツールの複製ウィンドウが開きます。

ブラシの名前を入力してOKをクリック。

ブラシの名前を決めてOKをクリック
ブラシの名前を決めてOKをクリック

油彩ブラシを複製できたら、ツールプロパティの絵の具量を0にします。

ツールプロパティの場所
ツールプロパティの場所

絵の具量を0にしたら完成です。

色延び(青い四角)の値はお好みで!

ちとせ

わたしは色延びの値を10にしています。

作り方はとっても簡単!

次は使い方を紹介します。

おすすめブラシの使い方

基本的な使い方は以下です。

  • 油彩ブラシで色を塗る
  • 油彩とき油ブラシで色を混ぜたり伸ばす

必要に応じて2つのブラシを使い分けます。

必ず2つのブラシを交互に使うわけではないです。

ちとせ

油彩ブラシだけで塗る場合もあります。

油彩ブラシの使い方

クリスタのブラシは、

筆圧で質感が変わるって知ってましたか…?

ちとせ

わたしは知りませんでした…orz

油彩ブラシも筆圧で質感が変わります。

油彩ブラシを使う時のポイントは、

ザラザラさせたいときは筆圧を弱くする」です。

油彩ブラシは筆圧で質感が変わる
油彩ブラシは筆圧で質感が変わる
ちとせ

筆圧が弱い方がキャンバス地の質感が強いですね!

たとえばこの記事のタイトルイラストは、

髪の毛の一部など弱い筆圧で描いています。

キャンバス地の質感を出した場所の例
キャンバス地の質感を出した場所の例
ちとせ

ザラっと感がないとアクリルっぽくなります。

油彩とき油ブラシの使い方

油彩とき油ブラシは、

油彩ブラシで塗った色を混ぜたり伸ばすときに使います。

油彩ブラシは色を重ねても色がほぼ混ざらないので、

キャンバス上で色を混ぜて微妙な色を作ったり、

とき油多めの透明色の絵の具でじわっと色味を追加する

…といった、アナログ油彩の表現ができません。

ちとせ

はじめて使ったとき混ざらないの!?と思いました。

アナログ油彩では、

パレットで色をまぜて作ったり、

キャンバス上で色の混ざり具合を見ながら描きますよね。

乾いた絵の具の上から絵の具をのせることもありますが、

混色が全くできないのは不便です。

油彩とき油ブラシの使い方
油彩とき油ブラシの使い方
ちとせ

油彩とき油ブラシで快適に!

油彩とき油ブラシは、油彩ブラシで色を塗ってから使います。

上の図の例のように、

油彩ブラシで青と黄色を塗って、

色の境目に油彩とき油ブラシを使います。

たとえばこの記事のタイトルイラストは、

肌の微妙な色の変化などに油彩とき油ブラシを使っています。

肌はほぼ油彩とき油ブラシで仕上げた
肌はほぼ油彩とき油ブラシで仕上げた

色を混ぜながら描くのが楽しい!

ちとせ

ところどころ、油彩ブラシでザラっと感を追加しています。

色混ぜツールじゃだめなの?

クリスタには「色混ぜ」ツールもあります。

色混ぜツール
色混ぜツール

色混ぜ、ぼかし、指先の3つのツールがあるのですが、

どれものっぺりし過ぎてしまう印象です。

各ツールの比較
各ツールの比較
ちとせ

ザラっと感がない…。

油彩とき油ブラシは

ベースが油彩ブラシなので、

ブラシにキャンバス地の質感が入っています。

ほどよくザラついてくれるので、

色混ぜツールよりも油絵っぽくなります。

ちとせ

ザラザラ感がポイントです!

とにかくペタペタ塗る

「油彩っぽい絵を描く」最後のコツです。

レイヤーを分けずにとにかくペタペタ塗る。

いい感じの色や質感になるまでとにかくペタペタ塗ります。

アナログ絵に近い作業ですね。

ちとせ

簡単に書いていますが、一番大事なコツです。

クリスタなら気軽に油彩っぽい絵を楽しめる

厚塗りで油彩っぽい絵を描くコツは以上です。

ちょっとした工夫で油絵好きな管理人も楽しくお絵描きできています。

油彩好きさんはぜひ試してみてください!

武将を描く 戦国・三国志+天使

ちとせ

油彩、いいですよね!

管理人が塗りの苦手を克服した記事はこちら。

ではまた!

目次