サイト改修期間のお知らせ > お知らせ一覧

クリスタ初心者が塗りを克服した簡単カスタムブラシの作り方

クリスタ初心者が塗りを克服した簡単カスタムブラシの作り方
  • 当サイトにはプロモーションが含まれます。

クリスタで思うように色が塗れない!とお悩みではないですか?

わたしもだいぶ悩みました。

ちとせ

デジ絵を投げ出したくなったことは1度や2度ではありません…。

そんなわたしが諦めずに描き続けた結果、

ブラシの設定を少し変えたら劇的に描きやすくなったので紹介します。

この記事のタイトルイラストもこの記事で紹介するカスタムブラシを使って描きました。

過去のイラストと比較してみると…

過去のイラストとの比較
過去のイラストとの比較

カスタムブラシを使って描いたイラストの方が細かく描けています。

ちとせ

リボンを描くのを忘れていますが!

にい

左の方が上手に見えるね。

カスタムブラシの作り方を詳しく書いて行きます。

目次

簡単カスタムブラシの作り方

紹介するブラシは2つです。

・水彩 下地混色なし
・水彩 色まぜ

ちとせ

2つとも旧クリスタの初期サブツール「不透明水彩」がベースです。

「不透明水彩」はクリスタのVer.1.10.10以前の初期サブツールです。

ちとせ

現在のクリスタ(2022年4月時点、Ver.1.11.14)には含まれていないツールです。「不透明水彩がない!」という人もいると思いますがご安心を。

過去の初期サブツールはCLIP STUDIO ASSETS(公式サイト)でダウンロードできます。

「水彩 下地混色なし」の作り方

不透明水彩の下地混色をOFFにします。

STEP
不透明水彩を選択

①筆ツールを選択します。

不透明水彩を選びます。

不透明水彩を選択
不透明水彩を選択
STEP
不透明水彩をコピーする

現在選択されているサブツールのコピーを作成します」をクリックします。

サブツールの複製アイコンの場所
サブツールの複製アイコンの場所
ちとせ

サブツールの複製ウィンドウが開きます。

STEP
サブツールを複製する

名前をつけてOKをクリックします。

ツールアイコンやアイコンの背景色はお好みで。

名前を付けてOKをクリック
名前を付けてOKをクリック
STEP
サブツール詳細パレットを表示する

①複製したサブツールを選択した状態で

サブツール詳細パレットを表示します。

サブツール詳細アイコンの場所
サブツール詳細アイコンの場所
STEP
下地混色をOFFにする

①「インク」を選択します。

「下地混色」のチェックを外します。

下地混色のチェックを外す
下地混色のチェックを外す
ちとせ

これで完成です!

にい

簡単!

サブツール詳細パレットを右上の×印をクリックして閉じてください。

「水彩 色まぜ」の作り方

不透明水彩の絵の具量を0にします。

STEP
不透明水彩を複製する

「水彩 下地混色なし」の作り方STEP1~3の手順で不透明水彩を複製します。

ちとせ

名前は「水彩 色混ぜ」などお好みで!

STEP
絵の具量を0にする

①複製したブラシを選択した状態で

絵の具量を0にします。

絵の具量を0にする
絵の具量を0にする
ちとせ

これで完成です!

にい

めちゃくちゃ簡単!

簡単カスタムブラシの使い方

作ったカスタムブラシの基本的な使い方は以下です。

下地混色なしのブラシで色を塗って、色まぜブラシで色をまぜます。

・水彩 下地混色なしで色を塗る
・水彩 色まぜで色をまぜる
・好みでぼかしツールやエアブラシを使う

カスタムブラシの使い方
カスタムブラシの使い方
ちとせ

中間色が簡単に作れます。

色のさかいめをなくしたい場合はぼかしツールやエアブラシを使います。

アナログに近い感覚で色を作るメリット

わたしは微妙な色を作りたいのになかなかうまくいかない悩みがありました。

簡単カスタムブラシを使うとアナログに近い感覚で色を作れます。

肌の微妙な色の変化や服のしわや影などが描きやすくなりました。

カスタムブラシで表現しやすくなった部分
カスタムブラシで表現しやすくなった部分
ちとせ

今回描いた女の子はツヤ髪にしませんでしたが、ツヤ髪など髪の毛も描きやすいです!

わたしの場合、カスタムブラシを使ってデジ絵の塗りに対する苦手感がなくなったのが一番の収穫です。

まとめ

クリスタで思うように色が塗れない!デジ絵難しい!と思っている人は

不透明水彩ブラシの下地混色をOFFにしたブラシ絵の具量を0にしたブラシを使ってみてください。

ちとせ

わたしはこの2つのブラシで塗りの苦手を克服できました。

別の記事で油彩のおすすめブラシも紹介しています。

ちとせ

考え方はこの記事と同じです。

よかったらこちらもどうぞ。

塗りが苦手!な同志のみなさま向けの記事はこちら。

塗りに対する苦手感がなくなって本当によかった…。

素敵な絵が描けるように練習したいと思います。

ちとせ

早く絵が上手になりたいけれど、あせらず、のんびりがモットー。

お互いにがんばりましょう!

目次