サイト改修期間のお知らせ > お知らせ一覧

クリスタで【円を描くコツ】とよく使う図形の描き方-まん丸、二重丸、正多角形

クリスタで円を描くコツとよく使う図形の描き方 まん丸、二重丸、正多角形
  • 当サイトにはプロモーションが含まれます。

にい

クリスタで正円(まん丸)が描けない!

とお悩みではないですか?

わたしもクリスタを使いはじめたころ、図形ツールの「楕円」でまん丸が描けないと思っていました。

安心してください、

楕円ツールの「縦横指定」にチェックを入れると正円(まん丸)が描けます。

縦横指定にチェック
縦横指定にチェック
ちとせ

設定の場所が分かれば簡単ですね。

にい

設定にチェックするだけで良かったんだ!

ちとせ

わたしもずっと正円が描けなかったけど、設定が分かったら簡単でびっくりしたよ。

楕円だけでなく、長方形や多角形ツールにも縦横指定の設定があります。

正多角形(正方形や正三角形など)も簡単に描けるので便利です。

今回はクリスタで円を描くコツと、よく使う図形の描き方を紹介しますね。

目次

クリスタで円を描くコツ

クリスタで円を描くコツは、

・正円(まん丸)を描くときは縦横指定にチェックを入れる
・角度変更は「確定後に角度を調整」が便利
・二重丸を描くときは「特殊定規の同心円」が便利

です。

ちとせ

それぞれ画像を使って詳しく説明します。

正円を描くときは縦横指定にチェック

正円を描くときは縦横指定にチェックを入れます。

縦横指定にチェック
縦横指定にチェック
ちとせ

記事の冒頭で紹介した設定ですね。

実際に正円(まん丸)を描いてみます。

ちとせ

良かったら一緒に描いてみてください。

図形ツールを選択します。

楕円サブツールを選びます。

縦横指定にチェックを入れます。

正円を描く設定
正円を描く設定

比率指定が選択されている状態(画像の青丸の部分)でキャンバスに描画します。

キャンバスをペンやマウスでなぞると正円が描けます。

正円が描けた
正円が描けた

きれいな円が描けましたか?

わたしはデジ絵で人体を描くときに正円(まん丸)をよく使います。

ちとせ

正円で人体の等身のガイド線を作っています。

人体の等身のガイド線の作り方は別の記事に書きました。

ガイド線の記事の中では縦横指定の設定に触れていないのですが、

縦横指定にチェックを入れるとより正確なガイド線が作れます。

ちとせ

次は図形ツールのちょっと便利な設定を紹介します。

角度変更は「確定後に角度を調整」

図形の角度変更は「確定後に角度を調整」の設定が便利です。

図形ツールのツールプロパティで「確定後に角度を調整」にチェックを入れると、

図形の形を決めた後に角度を変えてから描画を確定できます。

わたしは「確定後に角度を調整」の使い方を知るまで、

図形を描いた後に「回転ツール」で角度を変えていました。

図形を描いた後に回転ツールで角度を決めていた
図形を描いた後に回転ツールで角度を決めていた

「確定後に角度を調整」を使うと図形ツールだけで完結するので時短になります。

ちとせ

細かい角度の調整が必要になったら回転ツールを使います。

実際に斜め向きの楕円を描いてみます。

ちとせ

良かったら一緒に描いてみてください。

図形ツールの楕円サブツールを選択した状態で、

縦横指定のチェックを外します。

確定後に角度を調整にチェックします。

確定後に角度を調整する設定
確定後に角度を調整する設定

キャンバスにペンやマウスで横向きの楕円を描きます。

キャンバスに横向きの楕円を描いた
キャンバスに横向きの楕円を描いた

ペンを離すと楕円の形が決まります。

次にキャンバスをタップ(クリック)するまで画像を回転できます。

ペンタブ(液タブ)からペンを浮かせた状態で楕円の角度を決めます。

楕円の角度を決めてキャンバスをタップ
楕円の角度を決めてキャンバスをタップ

楕円の角度を決めたらキャンバスをタップ(クリック)します。

斜めの楕円が描けましたか?

ちとせ

図形がくるくる回ると描きにくいと感じる場合は「確定後に角度を調整」のチェックを外して回転ツールを使えば良いですね。

次はきれいな二重丸の描き方です。

二重丸を描くときは「特殊定規の同心円」が便利

きれいな二重丸を描くときは「特殊定規の同心円」が便利です。

ちとせ

知っておくと便利な機能です。

わたしは特殊定規の同心円を知るまで、

図形ツールで描いた正円のレイヤーをコピーして、

コピーしたレイヤーの正円を拡大縮小して二重丸を描いていました。

レイヤーのコピーと縮小で描いた二重丸
レイヤーのコピーと縮小で描いた二重丸

この方法でも二重丸を描けるのですが、

・きれいな二重丸になりにくい
拡大縮小した円の線の太さが違う

悩みがありました。

ちとせ

同じ太さの線できれいな二重丸が描きたい…。

特殊定規の同心円を使えば同じ太さの線のきれいな二重丸が描けます。

実際に特殊定規を使って二重丸を描いてみます。

ちとせ

良かったら一緒に描いてみてください。

定規ツールを選択します。

特殊定規を選びます。

同心円を選択します。

縦横比固定にチェックします。

特殊定規「同心円」の設定
特殊定規「同心円」の設定

二重丸を描きたいレイヤーを選択します。

二重丸を描きたいレイヤーを選択
二重丸を描きたいレイヤーを選択

キャンバス上の円の中心にしたい場所をタップ(クリック)します。

円の中心にしたい場所をタップ
円の中心にしたい場所をタップ

このときペンタブ(液タブ)からペンを離さずに動かすと定規の大きさを決められるのですが、定規の大きさによらず同心円を描くことができるので、今回はキャンバスをタップしたらペンを離して小さめの定規にしました。

選択したレイヤーに同心円の特殊定規が設定されます。

レイヤーに同心円の特殊定規が設定された
レイヤーに同心円の特殊定規が設定された

特殊定規が設定されたレイヤーを選択するとキャンバスに定規のガイドが表示されます。

ちとせ

他のレイヤーを選択すると定規は表示されません。

特殊定規が設定されたレイヤーには定規のマークがつきます。

レイヤーに定規のマークがつく
レイヤーに定規のマークがつく

特殊定規を設定したレイヤーに二重丸の外側の円を描きます。

今回はペンツールのミリペンを使って描きました。

二重丸の外側の円を描いた
二重丸の外側の円を描いた
ちとせ

定規のガイドの外側でも正円が描けました。

二重丸の内側の円を描きます。

二重丸の内側の円を描いた
二重丸の内側の円を描いた
ちとせ

線の太さが同じきれいな二重丸が描けました!

きれいな二重丸が描けましたか?

ちとせ

次はよく使う図形の描き方を紹介します。

よく使う図形の描き方

わたしがよく使う図形は、

正円(まん丸)、二重丸、正多角形です。

正円と二重丸の描き方は先に紹介したので、

正多角形の描き方を紹介しますね。

ちとせ

良かったら一緒に描いてみてください。

正多角形の描き方

正多角形の描き方は、

・多角形サブツールを使う(正方形は長方形ツールでも可)
・多角形の頂点数を決める
・縦横指定にチェックを入れる

です。

ちとせ

今回は正三角形を描いてみます。

図形ツールを選択します。

多角形サブツールを選びます。

図形の設定で多角形を選びます。

正三角形を描く設定1
正三角形を描く設定1

①多角形の頂点数を「3」にします。

縦横指定にチェックを入れます。

正三角形を描く設定2
正三角形を描く設定2

比率指定が選択されている状態(画像の青丸の部分)でキャンバスに描画します。

キャンバスをペンやマウスでなぞると正三角形が描けます。

正三角形が描けた
正三角形が描けた

正三角形が描けましたか?

多角形の頂点数を変えれば色々な正多角形が描けます。
・頂点数「4」→正方形
・頂点数「5」→正五角形 など。

ちとせ

縦横指定を忘れずにチェックしましょう。

これで、クリスタで円を描くコツとよく使う図形の描き方は終わりです。

ちとせ

お疲れ様でした!

この記事が参考になったら嬉しいです。

今回のタイトルイラストはグリザイユ画法とグラデーションマップ塗りを組み合わせました。

塗り方の手順を参考にしたのはとことん解説!キャラクターの「塗り」入門教室です。

とことん解説! キャラクターの「塗り」入門教室 CLIP STUDIO PAINT PROで学ぶ描画の基本テクニック

ちとせ

わたしが今イラストの練習に使っている本です。

下描きはアナログです。

デジ絵が苦手な人は下描きやペン入れをアナログにすると少し楽になるかもしれません。

ではまた!

目次