リニューアルしました!のんかつ info

【クリスタ】ベクターレイヤーの線画の色を変更する方法【よく使う順に3つ紹介】

当サイトは広告を掲載しています。
ベクターレイヤーの線画の色を変更する方法

ちとせ

ベクターレイヤーの線画の色を【後から】変える方法を、よく使う順に3つ紹介します。

ベクターレイヤーの線画の色を変える方法

  • 下のレイヤーでクリッピング
  • ラスタライズして透明ピクセルロック
  • レイヤーカラー変更
ちとせ

一番よく使うのは下のレイヤーでクリッピングです。

この記事のタイトルイラストも、クリッピングを使って線画の色を変えました。

線画の色変更ありなしの比較
線画の色変更ありなしの比較
にい

イラストの印象がだいぶ違うね!

ちとせ

線画の色を変えるとイラストが上手に見えるよね。

クリスタをどう使ったのか書いていきますね。

目次

下のレイヤーでクリッピング

下のレイヤーでクリッピングの特徴
下のレイヤーでクリッピングの特徴

下のレイヤーでクリッピングは、

下にあるレイヤーの描画部分にだけ描画できるようになる機能です。

ちとせ

「下にあるレイヤー」が線画なら、線画にだけ色を塗れます。

下にあるレイヤーに直接描画せず、

「上に重ねたレイヤーに色を塗る」のもポイント。

にい

元の線画はそのままなんだね。

下のレイヤーでクリッピングの使い方

まず、線画のレイヤーの上にレイヤーを追加します。

線画のレイヤーを選択して、

新規ラスターレイヤーをクリックします。

新規ラスターレイヤーのアイコンをクリック
新規ラスターレイヤーのアイコンをクリック
レイヤーが追加された
レイヤーが追加された

次に、下のレイヤーでクリッピングします。

追加したレイヤーを選択した状態で、

下のレイヤーでクリッピングのアイコンをクリック

下のレイヤーでクリッピング
下のレイヤーでクリッピング
ちとせ

レイヤーの左にピンクの縦線がつきます。

クリッピングの目印
クリッピングの目印
にい

簡単にできた!

ちとせ

後は好きな色を塗るだけ!

下のレイヤーでクリッピングのメリット

下のレイヤーでクリッピングのメリットは3つです。

  • ブラシツールが使える
  • ベクターレイヤーの線画が残る
  • 表示/非表示の切り替えが簡単
下のレイヤーでクリッピングの特徴
下のレイヤーでクリッピングの特徴

下のレイヤーでクリッピングを使うと、

ベクターレイヤーの線画には変更を加えずに、ブラシで線画に色を塗れます。

にい

使うブラシによって表現に幅が出るね!

ちとせ

色に濃淡をつけたり、にじみやぼかしの表現もできるよ。

塗った色が気に入らない場合は、

クリッピングしたレイヤーを削除するか非表示にすれば良いです。

大事なポイントは、

「上に追加するレイヤーはラスターレイヤーにする」ことです。

ちとせ

ベクターレイヤーが苦手な表現力を、ラスターレイヤーで補います。

ベクターレイヤーは混色できないので、色を塗っても単調になるのですよね。

ベクターレイヤーの上に「ベクターレイヤーを追加」してクリッピングするメリットはほぼありません。

次によく使う機能はラスタライズです。

ラスタライズして透明ピクセルをロック

クリッピングと透明ピクセルロックの違いの例
クリッピングと透明ピクセルロックの違いの例
にい

クリッピングより色が複雑に見える!

ちとせ

クリッピングは「別のレイヤーに塗った色を線画に重ねる」けど、ラスタライズ+透明ピクセルロックは「同じレイヤーに色を塗る」から、色の混ざり方や見え方が違うのよね。

ラスタライズは、

ラスターレイヤー以外のレイヤーをラスターレイヤーに変換する機能です。

ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換して、

透明ピクセルロックを使います。

ベクターレイヤーは透明ピクセルロックが使えない

線画の色を変えるときは、透明ピクセルロックが便利です。

透明ピクセルロックはレイヤーの透明部分をロックする機能です。

ちとせ

線画のレイヤーを透明ピクセルロックすると、線画にだけ色を塗れます。

にい

線画以外がロックされるからだね。

しかし、ベクターレイヤーは透明ピクセルロックが使えません。

ちとせ

ラスタライズの出番です。

にい

ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換すれば、透明ピクセルロックが使えるね!

ベクターレイヤーをラスタライズする手順

今回は、ラスタライズしながら元のレイヤーを残す手順を紹介します。

線画のレイヤーを選択して、

レイヤーを右クリックします。

レイヤーを右クリック
レイヤーを右クリック

レイヤーの変換を選びます。

レイヤーの変換を選ぶ
レイヤーの変換を選ぶ
にい

「レイヤーの変換」の上に「ラスタライズ」のメニューがあるよ?

ちとせ

「ラスタライズ」を選ぶと元のレイヤーを残せないの。

元のレイヤーを残さなくて良い場合は、「ラスタライズ」を選ぶと時短できます。

レイヤーの変換ウィンドウがポップします。

「種類」はラスターレイヤーを選択

元のレイヤーを残すにチェック

OKをクリック

レイヤー変換ウィンドウの設定
レイヤー変換ウィンドウの設定
ちとせ

ベクターレイヤーをラスターレイヤーに変換できました。

にい

元のレイヤーも残ってる!

次は透明ピクセルをロックします。

ラスターレイヤーを選択して、

透明ピクセルをロックします。

透明ピクセルロック
透明ピクセルロック
ちとせ

レイヤーの右側に透明ピクセルロックの目印がつきます。

透明ピクセルロックのマーク
透明ピクセルロックのマーク
ちとせ

これでラスタライズ+透明ピクセルロックの設定は終わりです。

にい

後は好きな色を塗るだけだね!

ラスタライズを使うメリット

ラスタライズ+透明ピクセルロックの方が、下のレイヤーでクリッピングより表現の幅が広いです。

クリッピングと透明ピクセルロックの違いの例
クリッピングと透明ピクセルロックの違いの例
ちとせ

透明ピクセルロックの方が、色が複雑に見えますね。

線画をもっとイラストになじませたい、イラストの雰囲気を出したいときは

ラスタライズ+透明ピクセルロックを使うと良いです。

ただ、消しゴムを使うときは注意が必要です。

ラスタライズ+透明ピクセルロックの場合は線も消えます。

消しゴムツールを使った比較
消しゴムツールを使った比較
にい

クリッピングは「レイヤーを重ねている」のがよく分かるね。

もう1つ注意があって、

ラスターレイヤーからベクターレイヤーには戻せません。

ちとせ

設定上は戻せますが、「元の見た目には戻らない」です。

ラスタライズする前にベクターレイヤーの線画をコピーするか、

ラスタライズしながら元のレイヤーを残す手順を使いましょう。

ちとせ

次はレイヤーカラーを使う方法を紹介します。

レイヤーカラーで気軽に単色変更

レイヤーカラーで気軽に単色変更
レイヤーカラーで気軽に単色変更

線画の色を単色変更したいときは、レイヤーカラーが便利です。

まず、レイヤーカラーに使う色を決めます。

線画のレイヤーを選択して、

レイヤーカラーを変更のメニューを開きます。

ちとせ

青と白の四角の右にある「下方向のマーク」をクリックします。

下方向のマークをクリック
下方向のマークをクリック

レイヤーカラーを選びます。

レイヤーカラーを選ぶ
レイヤーカラーを選ぶ

色の設定ウィンドウがポップします。

好きな色を選んでOKをクリックします。

色を選んでOKをクリック
色を選んでOKをクリック
レイヤーカラーを変更した
レイヤーカラーを変更した
ちとせ

レイヤーカラーの四角をクリックすると、レイヤーカラーをON/OFFできます。

にい

簡単かつ、お手軽だね!

レイヤーカラーの便利な使い方

レイヤーカラーは設定が簡単で、効果のON/OFFも1クリックでできるのが良いところです。

ブラシツールは使えないので、複数の色は使えません。

ちとせ

わたしはレイヤーカラーをイラスト制作に役立てています。

レイヤーカラーの便利な使い方

  • 線画の色を変えたらイラストがどう見えるか確認するときに使う
  • クリッピングで線画の色を変えるとき、ベースの線画が黒だと強すぎるときに使う
  • 線画を描き直すとき、コピーした線画にレイヤーカラーを設定して下描きにする
にい

パッと設定できて便利だね。

ちとせ

これで、ベクターレイヤーの線画の色を変更する方法は終わりです。

ベクターレイヤーの線画を使って、線画だけRGBずらしっぽくする方法を下の記事に書いています。よろしければこちらもどうぞ。

ではまた!

※当サイトの支援リンクは、世界400万以上の店舗で採用されているSquareの決済システムを使用しています。

ちとせ

飲食店やビューティーサロンなど、実際のお店のレジでも使われているシステムです。

目次